安全な仮想通貨取引が一番大切!

チェック画像新しい形の通貨

仮想通貨はインターネットを介してやり取りされるデータに法定通貨につながる価値をもたせた新しい形の通貨です。

チェック画像国や政府などが介さない通貨

ブロックチェーンという仕組みを生かして構築されており、国や政府などが介さない通貨なので仮想通貨と呼ばれています。

チェック画像仮想通貨は変動が激しい

仮想通貨は変動が激しく、利益率が高いため、1万円程度の投資でも1万円が1万3千円などかなり利益を上げやすいと言われています。

仮想通貨はインターネットを介してやり取りされるデータに法定通貨につながる価値をもたせた新しい形の通貨です。まだまだハッキングやマネーロンダリングなどに悪用される危険があり、金融庁と仮想通貨取引事業者で環境を整えるために活動しているところですが、金融庁の許可がでなければ、社会的に反社会勢力などの資金源になってしまうため、営業を取り消しされて、営業停止命令を出されてしまう取引所も出てしまいます。

自身のお金を預けて投資を行う会社が営業停止命令を食らう可能性があるという状態はあまり良い状態ではないですが、取引所では地道に対策に乗り出しており、メンテナンスやユーザーへのアナウンス、日頃のセキュリティなどをきちんと満たせている事業者を見つけて仮想通貨取引を行う必要があります。

有名人や著名人、投資家にも注目はされていますが、投資の一つとしてはFXや株式投資と気をつけることは変わりませんので、他の投資に比べるとログイン保護、アカウント乗っ取り対策などを十分にしておかないといけません。こうした対策がきちんとできている取引所を選んで投資しないとせっかく利益が出ても大金を失う可能性がありますので、安全な取引所に限定してアカウント作成しましょう。

仮想通貨ってそもそもなに?

仮想通貨は電子通貨、電子マネー、デジタル通貨という分類にあたり、海外では暗号通貨ともいわれています。ブロックチェーンという仕組みを生かして構築されており、国や政府などが介さない通貨なので仮想通貨と呼ばれています。簡単な例えで言えば、スーパーマーケットのポイントのように、そのポイントが一定数貯まれば実際の商品との交換ができて、現金と同等の価値を持つものとして利用できるというものに近いです。

仮想通貨のビットコインは、2018年8月時点では日本円約70万円で1ビットコインに換金できるため、逆に1ビットコインは70万円の価値があり、ビットコインの価値が高まれば1ビットコイン80万円や90万円になることも、60万円に下がることもあります。この1ビットコインの価値が70万円で買ったときよりも高い価値になれば利益になるという投資スタイルです。

仮想通貨は変動が激しく、利益率が高いため、1万円程度の投資でも1万円が1万3千円などかなり利益を上げやすいと言われています。

この仮想通貨に関係する投資は種類がかなり増えているので、選ぶ会社によっては他の投資方法も選べます。

取引の始め方や積立・トレード

チェック画像仮想通貨取引を始めるためには

仮想通貨取引を始めるためには、まずはアカウント作成をして、個人の口座のようなものを作ります。ビットフライヤーでもZaifでも個人の取引用の口座を開設するところから全てが始まります。

チェック画像仮想通貨取引所を選ぶ時には

仮想通貨取引所を選ぶ時には、取引の種類が複数ある会社を選んだほうが良いです。

チェック画像投資スタイルに合わせて色々選べる会社

最低限、仮想通貨同士で取引ができる会社でないと意味がないので、ビットフライヤーやZaif、DMMビットコインなどきちんと実績を持っている仮想通貨取引所を選んでください。

仮想通貨取引を始めるためには、まずはアカウント作成をして、個人の口座のようなものを作ります。ビットフライヤーでもZaifでも個人の取引用の口座を開設するところから全てが始まります。口座ができたら、そこに日本円を銀行振込、ペイジー、コンビニ入金などで入れてそのお金でビットコインやアルトコインを購入します。

ビットコインなどの仮想通貨は1BTCは70万円ほどしてしまいますが、0.01BTCや0.001BTCというように少額のBTCから購入して取引していけますので、資産が少ない方、サラリーマン、アルバイト収入の方でも始められます。仮想通貨の価値が高まった時に、それを日本円に切り替えたり、ビットコインを他のリップルやイーサリアムなどに変えることもできます。

また、毎月少しずつ仮想通貨を購入していくような投資も可能ですので、積み立てていって少しずつ仮想通貨としての資産を増やすのも良いでしょう。仮想通貨は法定通貨ではないため、現状では仮想通貨のまま持っていても課税はされませんが、いずれは課税されてしまうかもしれません。今のうちに仮想通貨をいくらか所有しておき、将来のデジタル通貨時代に備えてみると良いかもしれません。

こんな取引ができる仮想通貨取引所を選ぼう

仮想通貨取引所を選ぶ時には、取引の種類が複数ある会社を選んだほうが良いです。日本円とビットコインの取引ができるのは当然として、ビットコインとリップル、ビットコインとイーサリアムの取引もできる方が良いです。仮想通貨はかなり高額な投資になる場合もありますので、地道に毎月投資額を増やしていける積立サービスがあるのも理想的です。

仮想通貨のレートを利用したFXやただ単に仮想通貨を貯金として持っていられるようにするサービスなど、それぞれの投資スタイルに合わせて色々選べる会社の方が利益は大きくなるはずです。

最低限、仮想通貨同士で取引ができる会社でないと意味がないので、ビットフライヤーやZaif、DMMビットコインなどきちんと実績を持っている仮想通貨取引所を選んでください。

仮想通貨取引所を選ぶ時には、取引の種類が複数ある会社を選んだほうが良いです。

安全に取引できる仮想通貨取引所5選

有名投資家も参戦していて、安全性の高い仮想通貨取引所のおすすめを5つまとめています。定番の取引所ですので、安心して始めてみてください。

 

ビットフライヤー

特徴

ビットフライヤーはFacebook連携で登録できた時期もあり、国内でかなり人気が高い仮想通貨取引所です。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

ビットフライヤーは手数料が高いですが、取引や販売状況は比較的安定しているので信頼できます。しかし、身内経営や度重なる業務改善命令があり、2018年8月現在、2018年6月22日から新規の会員登録ができない状態で、デモモードのアカウント作成しかできません。今後の事業改善などを期待して登録できるようになるのを待つしかないでしょう。マネーロンダリング対策の遅れなどもあり、新規アカウント作成開始の見通しは立っていません。

金融庁登録関東財務局長第00003号
BTC取引手数料0.01~0.15%
入金手数料クイック入金1回324円
出金手数料三井住友銀行3万円未満216円・三井住友銀行3万円以上432円

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
Zaif

特徴

仮想通貨人気に火がついた当初から存在している取引所としてよく知られています。取引手数料はかなり安く、単なる取引以外にも複数サービスがあります。出金手数料は50万円を境目に手数料が変わります。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

金融庁の検査が厳しくなっている中で、今後運営していけるかはまだ様子見ですが、大手であることに変わりはありませんので利益を大きく得たい方にはおすすめです。ただし、資本金が13億ほどから1億円ほどになっているなど、不穏な動きがあるのは事実ですから大金を投じて取引するのはまだその時ではないかもしれません。少額から始めていくにはちょうどよいでしょう。

金融庁登録近畿財務局長第00002号
BTC取引手数料無料
入金手数料銀行による
出金手数料50万円以下350円、50万円以上756円

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
DMMビットコイン

特徴

DMMbitcoinは、多くの手数料が無料で利用できる取引所ではじめて仮想通貨を始める方には特に人気が高いです。登録、アカウント作成も簡単で、既に使いやすいアプリがあるというのも魅力的です。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

毎週メンテナンスを行っているという安心感、大手の資本金を投じているというパワーがあるので現在かなり安定して運営されています。24時間365日サポートがあるというのも魅力的で、何か問題があってもスピーディーに対応してもらえるはずです。ビットコインやイーサリアムなど一般的な仮想通貨は取引できますので、少額から取引の練習をするような感覚で取り組んでみても良いでしょう。

金融庁登録関東財務局長00010号
BTC取引手数料無料
レバレッジ手数料建玉ごとに0.04%/日
入金手数料無料
出金手数料無料

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
GMOコイン

特徴

FXの取引でも世界第一位の取引高を上げている信頼のGMOの仮想通貨取引所ですので、安定や安心を優先する方はこちらがおすすめです。現物売買や仮想通貨FXなどサービスも複数あり、スマホアプリも既に配信されていますので、取引は非常に便利です。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

審査や書類手続きなど、本格的に取引するまでに最短1日だけで済み、比較的スピーディーに参入できるでしょう。貸仮想通貨など他にはあまり見受けられないサービスもありますので安定した取引のためにはGMOコインの利用がぴったりです。GMOコインは事業に参入してから1年ほどで26億円近くの利益を出しているので、今後はメインの取引所として成長させていけるように登録だけでもしておくと良いでしょう。

金融庁登録関東財務局長00006号
BTC取引手数料無料
レバレッジ手数料建玉ごとに0.04%/日
入金手数料無料
出金手数料無料

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
bitbank

特徴

最短1日で登録でき、365日取引できるというのが仮想通貨の魅力です。BitGoという専門セキュリティ企業との連携もあって、会員の資金がかなり強固に保護されています。TradingViewという非常に高機能なチャートツールを利用できるため、プロのトレーダーはこのツールのためだけに登録している人もいます。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

リップルやライトコインなど成長過程にある利益を出しやすい通貨の取扱もあって注目されてきています。基本的に出金手数料にしかお金がかかりませんので、しっかり利益を上げて手数料を気にせずにいられるくらいに投資して利益をあげてしまいましょう。メンテナンスやアナウンスなどがきちんとしているので、信頼して取引をしていける取引所です。

金融庁登録関東財務局長第00004号
BTC取引手数料無料
入金手数料無料
出金手数料540円/756円(3万円以上)

公式サイトはこちら詳細ページはこちら

一番おすすめなのは「ビットフライヤー」

チェックボタン画像現状で最も安定感があって利益が出しやすいのはビットフライヤー

チェックボタン画像事業形態の変化、セキュリティ環境の整備などが一気に進む

チェックボタン画像より安全で、情報保護が強まった状態で取引できる

現状で最も安定感があって利益が出しやすいのはビットフライヤーです。2018年8月の段階では新しいユーザーの登録ができない状況ですが、今後経営陣の一新、事業形態の変化、セキュリティ環境の整備などが一気に進むようですので、新規ユーザー募集開始を待つと良いでしょう。

ビットフライヤーはFacebookなど様々なアカウント連携でも登録し始められるサービスですので、これまでもかなり人気がありました。現在は、その手軽に登録できてしまうリスクを危険視されて環境が変わっていますので、これから登録する場合は、より安全で、情報保護が強まった状態で取引できるでしょう。

多くの仮想通貨取引所で手数料無料のところが多いですが、ビットフライヤーは手数料がガッツリかかります。その分、運営にきちんと人件費などをかけていてくれれば、信頼できます。もし、私腹を肥やしているだけ、適性な営業を行わず、社員に十分な給与を支払っていないなどの事態があればコインチェックやマウントゴックスなどのようなことになる可能性はありますので、現在の新規アカウント作成停止状態を終えたところで信頼できる会社に成長していくかどうか、確かめるのにぴったりな状況です。

クチコミ情報

仮想通貨でお小遣いが増やせた

私が仮想通貨を始めたのは、投資をするためと言うよりはFXよりも稼げるお小遣い稼ぎが欲しかったからです。毎月生活の支えになるお金をFXで増やして使っていたのですが、なかなか為替レートを判断しにくく、少し疲れてしまっていたというのもFXをやめようと考えていた理由でした。その点、仮想通貨は当時買っておけば確実に上がるという状況だったので、急いで参戦してビットコインを購入しました。

大金を投じたわけではないですが、ビットコインの暴騰のおかげで、未だにそのビットコインを少しずつアルトコインに切り替えて資産を増やし、どんどん現金ベースで考えたときの価値を上げていっています。毎月増える仮想通貨の一部は現金に変えてしまって、お小遣いとして使っています。飲み代金、お昼の弁当+αのため、子どもや妻へのプレゼント購入費用として少しずつ使っていっています。

今の所無理な投資はしないのでビットコインの価値が少し下がっていますが影響はほとんどなく、アルトコインの方でどんどん価値が上がっていっているくらいで、あの時仮想通貨に参戦しておいてよかったと思います。

投資にはリスクもつきもの

仮想通貨は今でも参入するのが怖いという方が多いですが、一番の魅力はアルトコインの成長です。アルトコインが成長していけばその分ビットコインのときのように価値がどんどん上がっていくので、タイミング良く現金ベースでの価値を上げていって、最初は買えなかった高額なビットコインを入手していくなどかなり面白い投資ができています。

仮想通貨の中だけで相当自由に利益があげられてしまうのは、FXや株式投資ではできないことで、リスクを取るだけの価値があります。不動産投資やFXに比べると取引しやすい上に、土日でも取引ができるので休日にもがっつり取引できます。FXなどのように取引できないときがほぼないので、安定している会社をいくつか契約しておいて、資産を分散して持っておけば、あとは個人のハードウェアウォレットに移すなど工夫して仮想通貨の資産を増やせるでしょう。

まだ参戦していない方は今からでも仮想通貨市場に入れますので、ぜひやってみてください。既にやっている側からすると新しく仮想通貨を始めてくれる人がいないと、トータルでの仮想通貨の価値が上がっていかないので、どんどん参加する人が増えればそれだけ先に入った人にはメリットがあります。