仮想通貨取引と他の投資との違い

仮想通貨の人気が非常に高まっています。毎日とは言わないまでも、かなり頻繁にビットコインや仮想通貨といった言葉を耳にするようになっています。そのため仮想通貨投資を始めてみたいという方も多くいらっしゃるでしょう。しかし仮想通貨だけでなく、投資の方法には様々なものがあります。中でも人気が高いものは株式とFXです。

株式取引は簡単に言えば特定の会社の株を購入して、その値動きに合わせて利益を出していくものです。一方FXは外国為替差金取引で、特定の通貨ペア(円とドルなど)の間のレートの動きに合わせて利益を出していきます。外貨預金というものもあります。日本では貯金をしてもあまり利息がつかないという現状がありますが、外貨預金では利息の付き方が大きい所があります。自分の力ではなくプロの力を借りてお金を運用する投資信託という方法もあります。ファンドとも呼ばれますが、最低限の選択をするだけで後はプロに任せるという簡便さが人気の投資法です。

一方仮想通貨はブロックチェーンという技術を応用した投資で、暗号通貨とも呼ばれます。円やドルのように実在する法定通貨を扱うのではなく、あくまでバーチャルの通貨です。イメージはつかみにくいかもしれませんが、電子データのやりとりを元にした通貨です。いわば財産的価値を持ったデータです。

仮想通貨取引は他の投資に比べて儲かるの?

仮想通貨は大きく注目されていて、値動きが非常に大きいことで知られています。例えば仮想通貨の代表格であるビットコインについて言うと、2017年には10万円から230万円というあり得ない上昇が起こりました。10万円分購入したら230万円になるという、株式やFXでは普通目にしない上昇です。そのため一気に儲けたいという方には仮想通貨は魅力的でしょう。また長期的に値がぐんぐんと上昇するだけでなく、短期的にも仮想通貨は激しい値動きをすることがあります。そのため短期でも長期でもハイリターンが狙えます。

税金には違いがある

魅力が多い仮想通貨ですが、税金に関しては他の投資方式よりもうま味が少ないと言えます。仮想通貨は法律上雑所得として分類されます。そして総合課税のため、給与所得と合算して税率が設定されます。そのため累進課税で儲けがあるほど税率は高くなります。

一方株式やFXの投資では分離課税のため、他の所得と切り離して計算されます(一律20.315%)。そのため現段階での税制上のメリットは他の投資方式にあると言えます。ただしどれほどの利益が出たかによって状況は変動するため、一概には言えません。