仮想通貨は危険ではない

仮想通貨という新しいスタイルの投資が今人気になっています。ビットコインという名前でよく報道されるのを耳にした事がある方もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし仮想通貨という名前上、怪しい目で見られることも少なくありません。海外では暗号通貨という名前が定着していますが、こちらの方が安心感があります。いずれにしろ仮想通貨を巡るいくつかの事件があったものの、今後も仮想通貨は社会の仕組みを大きく変えるものとして注目されています。

仮想通貨はブロックチェーンという新しいデータ管理システムを基幹技術として構築されていますが、この技術は改ざんが基本的に不可能であり、セキュリティ上非常に安心感があります。仮想通貨を取り扱う取引所のセキュリティや個人のセキュリティに関してはまだまだ改善点があるものの、基本的に仮想通貨は怪しいものではありません。株式やFXなどと並び、投資対象の一つとして認識されています。

セキュリティ面のリスクマネジメントの方法

とはいえ先述の通り、取引所や個人レベルでのセキュリティに関しては、しっかりリスクマネジメントを講じていく必要があります。まず大事なのは安全なウォレットを使うことです。仮想通貨は仮想通貨取引所で売買して、最終的にウォレットと呼ばれる管理方式で保管されます。ウォレットは特定の場所ではなくあくまで管理スタイルのことですが、取引所に保管したり、ソフトウェアウォレットに保管したりハードウェアウォレットに保管したりします。取引所に保管する事は基本おすすめできません。なぜならハッキングリスクがあるからです。

記憶に新しいところでは、2018年にコインチェック事件があり、仮想通貨の大量流出が発生しました。そのため資産保全のためには、ソフトウェアウォレットやハードウェアウォレットが望ましいと言われています。可能であればハードウェアウォレットが良いでしょう。これはUSBやカード型の機器に、暗証番号のような秘密鍵と呼ばれる文字列を記憶するスタイルです。この秘密鍵によって送金などが可能になります。ハードウェアウォレットは最もセキュリティ上安心のため、リスクマネジメントの基本として押さえておきましょう。

取引におけるリスクマネジメントとロスカット対策

リスクマネジメントは不正アクセスの分野だけでなく、取引上の手段としても大切です。仮想通貨を適当に買って大損をしてしまっては意味がありません。絶対に損をする事を避ける方法はないとしても、最小限に損を抑え込む事は可能です。その方法がロスカットです。ロスカットは日本語では損切りと呼ばれるもので、不必要に損失を拡大させないための手段です。これをせずにじっと相場を見ているだけだと、最悪価値がゼロになることすら考えられます。

ロスカットのラインをどこに置くかは個人個人違いますが、「この金額を下回ったら絶対に売る」という決意を固めてから臨む事が大切です。その場の雰囲気に任せてしまうとずるずると負け続ける可能性があります。損切りによって多少負けることがあっても、それ以上の被害を拡大できたという事を意識しましょう。なおレバレッジ取引を行なう場合は、ロスカットは強制的に行なわれます。ロスカットされる規準は業者によって異なりますが、あまりすぐにロスカットされる業者を選定すると、すぐに負けが決定してしまいます。そのためロスカット対策として、基準が高くないものを選ぶと良いでしょう。ただし初心者の場合はずるずると下げ相場に飲まれてしまう恐れがあるため、最初は高いロスカット基準のプランがオススメです。