仮想通貨は実は日本での取引量が高い

日本は実は仮想通貨に大きく関連している国です。仮想通貨の代表的なものはビットコインですが、ビットコインの取引量は日本が世界で一番多いです。ビットコインは最大の市場規模を誇る仮想通貨ですが、その分日本におけるビットコインの仮想通貨取引量の大きさは注目できます。

日本がビットコイン市場において上位に躍り出た理由は様々にありますが、その理由の一つは法律的な要素です。2017年には資金決済法の改正が行なわれましたが、この際に仮想通貨交換業が認可制となったこと、そして合法的な決済通貨として仮想通貨が認められたこと、消費税が非課税である事などが追い風になったと考えられます。こうした法整備によって日本における仮想通貨の信頼度が高まりました。

サラリーマンでも仮想通貨取引は可能

仮想通貨への注目が高くなるにつれて、「自分も仮想通貨で稼いでみたい」と思われた方は少なくないでしょう。仮想通貨は副業感覚で始める事ができます。小額で始める事ができるからです。仮想通貨は一種の投資ですが、何百万円といった多額のお金を用意する必要はありません。数千円からでも利用可能です。国内には仮想通貨の取引所が様々にあり、登録もシンプルな作業で完了します。取引所によっては10分程度で完了してしまうため、敷居が高くありません。

仮想通貨は購入してしばらく保管しておくのが一般的なため、一日中画面をにらんでいるといった事も必要ありません。サラリーマンの方でも時間を気にせずに購入できます。

サラリーマンの中長期トレードのコツ

時間がないサラリーマンが意識しておきたいポイントを一つご紹介します。それはチャートの見方を押さえることです。チャートにはトレンドラインというものがあります。トレンドラインには上昇トレンドラインや下降トレンドラインがあります。相場が上向いている時、安値と安値を結んだ線を指します。

チャートの指標にはレジスタンスラインというものもあります。こちらは上昇している線が反発するポイントを結んだ線と覚えておけるでしょう。この2つのラインを見つける場合、上昇トレンドラインとレジスタンスラインが徐々に近づいたような状態にあることがあります。そして最終的に幅が狭まった場合、高確率で上振れすると言われています。毎日チェックできなくてもこのようなチャートのコツを見る事で稼ぎやすくなります。