アルトコインって何?

仮想通貨に関連したニュースや話題を見ていると、「アルトコイン」という呼称を耳にする事があります。アルトコインとは簡単に言えばビットコイン以外の仮想通貨のことです。ビットコインは仮想通貨の先駆け的存在であり、仮想通貨=ビットコインというイメージも強いでしょう。アルトコインは後発の仮想通貨です。2018年時点で1,000種類をはるかに超えるアルトコインが存在しているとされます。

アルトコインという名称は「Alternative Coin」、つまり代替のコインという言葉からきています。ビットコインの代わりになる新しい通貨ということでアルトコインです。ビットコインがブロックチェーン技術を基幹技術として登場してから何年も経ちましたが、仮想通貨を作りだす事はそれほど難しいことではなく、技術力のある人の場合は比較的簡単に作成できます。仮想通貨への関心が爆発的に高まっている現代において、今後も新しい仮想通貨が登場してくる可能性は大いにあります。日本も仮想通貨の存在を法律で認めていて、決済手段としても認可しています。こうした背景も追い風になると言えるでしょう。

アルトコインとビットコインの違い

アルトコインとビットコインの間には様々な違いがあります。一概には言えないとしても、アルトコインは後発である分、ビットコインよりも優れている点があります。例えばビットコインではブロックの作成が10分に1回であり、すぐに送金を完了する事は出来ません。一方アルトコインの中には数秒~数分という早さで送金完了できるものがあります。

またブロックチェーン作成には、マイニングというチェック作業が欠かせませんが、ビットコインが採用している方式(PoW「Proof of Work」)では多大の電力を消費するという欠点があります。そのためアルトコインでは、PoS「Proof of Stake」という、マイニング作業にあまりエネルギーが必要ない方式を採用しているものがあります。

アルトコインとビットコインどっちが良い?

これから仮想通貨を始めるという方は、アルトコインにするかビットコインにするかで迷う事があるかもしれません。それぞれメリット・デメリットがあるものの、可能な場合は両方を保持しても良いでしょう。例えばビットコインとイーサリアム、ビットコインとリップルという様に、複数を所有しておき、両方の値動きを楽しむ事ができます。ビットコインの市場規模はアルトコインよりも遥かに大きいため、流動性が期待できるでしょう。一方アルトコインは技術的に優れているため、今後注目度があがるとも言えます。