ハードウェアウォレットとは

仮想通貨関連の用語として使われる用語には様々なものがありますが、そのうちの一つがハードウェアウォレットです。ウォレットとは簡単に言って仮想通貨の保管場所ないしは方式の事です。仮想通貨は現在爆発的な人気を誇っていて、投資対象として大きな注目を浴びています。しかし仮想通貨をめぐるトラブルもこれまで幾度となく頻発してきました。

例えばマウントゴックス事件では、内部犯行によって450億円という資産が流出すると言う事件が起きました。また2018年ではコインチェックでクラッキング被害が発生し、580億円相当の資産が流出したという事件もありました。このような事件を踏まえて、仮想通貨の安全性に対して不安の声が発生しています。またセキュリティ面に対する一層の強化を求める声や、自分の資産は自分でしっかり守るというユーザー意識も高まったと言えます。

そのような中でハードウェアウォレットへの関心も高まっています。ハードウェアウォレットはセキュリティが最も優れた資産保管方式と言われていて、今後利用者も増えると予想されます。

ハードウェアウォレットの詳細

仮想通貨を管理するウォレットには、大きく分けてホットウォレットとコールドウォレットという2種類の方式があります。ホットウォレットはオンライン上の管理方式で、コールドウォレットはオフラインの管理方式と言う事ができるでしょう。オンライン上にない場合、コールドウォレットはクラッキングなどの心配がありません。あくまでイメージですが、ネットに繋がっていないパソコンが、基本的にはコンピュータウイルス感染リスクが低いのと同じ理屈です。ハードウェアウォレットはこのコールドウォレットの一形態と呼べます。

ハードウェアウォレットではUSB機器やカード方の機器などを使用します。しかしこの中に仮想通貨を管理すると言う事ではありません。そこに管理されているのは秘密鍵と呼ばれるデータで、この鍵は銀行の預金を引き出す暗証番号の様な役割を果たします。ハードウェアウォレットではこの鍵をインターネットから切り離した状態にできるため、安全性が高いです。

ハードウェアウォレットのメリットとデメリット

ハードウェアウォレットのメリットは、先述の通り安全性が高いということです。秘密鍵をネットから離して管理する事で情報を盗まれる心配は低いです。取引所などで管理するWebウォレットという方式もありますが、この場合は取引所がクラッキングを受けた場合に仮想通貨が消失する可能性が否めません。自分で管理するハードウェアウォレットがやはり安全です。

ただハードウェアウォレットは機器の購入に10,000円~20,000円近くかかるため、若干コストが高いのがデメリットです。