仮想通貨の代表格:ビットコイン

仮想通貨と聞いてすぐにビットコインの事を思い浮かべる方は少なくないでしょう。ビットコインは世界で一番最初に登場した仮想通貨です。ビットコインを初めとする仮想通貨はブロックチェーンという革新的な技術のもとに成り立っている暗号通貨です。

すでに法律でも認められた財産であり、決済手段としても認識されています。雑所得として分類されるなど、すでに日本に置いて確固とした地位を築きつつあります。ビットコインは販売当初と比べて一気に値を上げました。2017年には爆発的に値をあげた結果、億万長者が何人も誕生したと言われています。

ビットコインを魅力的なものにしている別の要素はマイニングという作業です。ビットコインの基幹であるブロックチェーンでは、一定期間の取引内容を「ブロック」に見立てて処理しています。そしてそのブロックをどんどんとチェーンでつなげるようにして連結していきます。マイニングとはこのブロックの作成作業の事です。膨大な計算や電力を使って取引情報をつなげていきますが、一部の人だけが最終的にブロックを作成する作業に成功します。そして成功者には仮想通貨で報酬が支払われます。このマイニング作業を目当てにビットコインに興味を持つ方も少なくありません。

ビットコイン以外の仮想通貨

ビットコインの市場規模が最も広いとはいえ、最近ではビットコイン以外の通貨も人気を集めています。その種類は1,000種類をはるかに超えるとも言われていますが、まとめてアルトコインと呼ばれています。アルトコインの中でも有名なものがイーサリアムやリップル、ライトコインなどです。これらのコインにはビットコインよりも優れた特徴があり、今後も人気を博していくと思われます。

自分に合ったコインの選び方

かなり多くある仮想通貨の種類の中で、どの通貨を選ぼうか悩んでいる方は少なくないでしょう。仮想通貨の扱いに慣れた方は、様々な新規通貨に挑戦する事はできるでしょう。しかし初心者の方の場合はまず、時価総額が高く、取り扱う取引所が国内にある通貨から始めると良いでしょう。時価総額の高さは信用性につながります。

そして信用性の高さは、安定性につながります。購入していきなり乱高下する通貨は扱いが難しいです。そのためまずはビットコインやイーサリアムやリップルなど有名硬化から始めるのが無難です。またサラリーマンなど普段忙しい方の場合は、短期間で激しい値動きを見せる通貨ではなく、長期的に保持する事で効果を発揮するタイプの通貨が良いでしょう。