仮想通貨とは?

ニュースやネットなどあらゆる場所で仮想通貨という言葉を聞くようになっています。この仮想通貨は日本だけのものではなく、全世界で注目されている新しい形の通貨です。仮想通貨は実在する円やドルといった通貨とは全く異なります。電子情報をもとに管理された通貨であり、暗号通貨と呼ばれることもあります。

仮想通貨は財産的価値があり、代価の弁済のために使用することも可能です。つまり財布に入れて持ち運ぶものではないにしても、財産として一定の価値を持つものです。

なお仮想通貨には様々な種類があり、ビットコインやイーサリアム、リップルなどがよく知られています。

仮想通貨とブロックチェーン

仮想通貨の最大の特徴の一つはブロックチェーン技術です。この技術について理解するために、まずは通貨の管理の仕組みについて簡単に振り返りましょう。円は国が管理して流通しています。ドルもアメリカという国が管理しています。国の管理という絶対的な信頼があるためにそれらの通貨は価値を持ちます。

また電子マネーと呼ばれるものもありますが、これらは会社によって管理されていると同時に、日本円とも密接な関係を持つものです。つまり円やドル、電子マネーには中央管理者と呼ばれる組織が存在します。特定の組織が管理してそれに信頼を与えることで流通しています。それに対して仮想通貨は中央管理者と呼べるものが存在しません。そうではなく分散して管理されています。ここで登場するのがブロックチェーン技術です。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンは分散型台帳とも呼ばれる技術です。分散型という言葉通り、この技術では情報をどこかのメインコンピュータによって集中的に管理するのではなく、複数のシステムに分散して共有管理します。複数のシステムといっても2,3のシステムではなく、端的に言えば世界中のコンピュータを使うイメージです。つまり誰でもその情報を見る事ができるほど広範囲に共有します。国や銀行が管理するのではなく、皆で管理するということです。

一定の取引情報の塊を「ブロック」として、それをチェーン(鎖)で全てつなげていくような仕組みからブロックチェーンと呼ばれています。実際の台帳で例えると、台帳の1ページが1ブロックと言えるでしょう。このブロックの取引情報は、それを共有している皆から監視されています。その取引情報が正しく改ざんされていないかをチェックする工程があり(マイニング)、問題がなければブロックとして新しくシステムに組み込まれます。過去のデータもしっかり確認されます。

仮想通貨はこの分散型管理技術のもとに成り立っています。分散型管理の場合は改ざんが基本的に不可能です。中央の端末ではなく世界中の端末(ノード)を使っているため、不正があっても発見されます。そのため仮想通貨は信頼性のある通貨として人気になっています。