仮想通貨取引所とトラブル

仮想通貨取引所とは、その名の通り仮想通貨を取引するサービスを提供する場です。仮想通貨と別の仮想通貨とを交換したり、コインを売買したり、法定通貨と仮想通貨とを交換する事ができます。

またコインとトークン両方の通貨のレートを決めます。イメージとしては株式などを扱う証券取引所のような役割を果たしています。サービスやキャンペーン、手数料は各取引所で違いがあります。そのため取引所をどこにするか選ぶ事から仮想通貨取引は始まると言えるでしょう。有名な取引所としては、ビットフライヤー、Zaif、ビットバンク、バイナンスなどがあります。

仮想通貨取引所は財産的価値がある仮想通貨が飛び交う場所である分、できるだけトラブルが少ない場所を選ぶ事が重要です。過去に取引所のトラブルは何度もありました。例えばビットフライヤーではシステムが負荷がかかり過ぎてダウンしてしまいました。またZaifでは0円で仮想通貨が購入できるという不具合も発生しました。その結果残高2,000兆円になる顧客が現れるという異常事態もありました。また2018年初頭にはコインチェック社において数100億円相当の仮想通貨流出事件も発生しています。

仮想通貨取引所でトラブルが起きるのはなぜ?

仮想通貨取引所でトラブルが起きる原因は様々に考えられます。例えばコインチェック社の事件においてはクラッキングが原因でした。仮想通貨取引所での運営には、コールドウォレットとホットウォレットという2通りの管理方式があります。オフラインかオンラインかの差ですが、ホットウォレットはオンラインでの処理のためセキュリティ面では弱さがあります。

コインチェック社ではホットウォレット方式で仮想通貨を管理していたため不正アクセスを被りました。Zaifの問題ではWebシステムで0円売買が可能という状況と、計算システムの異常が同時多発的に発生したために起きたと考えられています。

トラブル被害に遭わないために

トラブルの被害を被らない絶対確実な方法はありません。ブロックチェーン技術自体は問題ないとしても、取引所におけるトラブルには今後も不安がある程度残ります。不正を行なおうとする人間と、コスト削減のためにセキュリティを強化しない怠慢、不十分な設備など様々な要素がある限り安心はできません。そのためユーザーは、トラブルが少ないという実績がある会社や、ユーザーの評判が高い会社を調べることが大切です。