bitbankの概要

Bitbankは仮想通貨の取引所です。2014年に設立された会社で、仮想通貨業界の中では比較的歴史がある会社と言えます。Bitbankが対応している仮想通貨は、ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナーコイン(モナーコイン/BTCとモナーコイン/円)、ビットコインキャッシュ(ビットコインキャッシュ/BTCとビットコインキャッシュ/円)などの仮想通貨に対応しています。Bitbankの取引高は多く、2018年の6月時点ではビットフライヤーやZaifを抑えて日本一にもなってます。信用性の高い取引所という点で、Bitbankは注目できます。

bitbankの安全性や信頼性は?

Bitbankではオフライン方式の管理方式でビットコインを管理しています(コールドウォレット方式)。ネットから切り離された環境下に置く事で、コインチェック事件に見るようなクラッキングの被害を未然に防ぐ事が可能です。クライアントの資産を守る上でコールドウォレット方式は今や必須とも言える管理方式です。

さらにbitbankはセキュリティ専門企業の「BitGo」という企業と提携しています。これによってネットと常時接続されているホットウォレットの部分でもせくリティレベルを上げています。Bitbankは安心感がある会社と言えるでしょう。

Bitbankの特徴は?

Bitbankでは株式の際に使うようなテクニカル指標をふんだんに用意しています。Trading Viewという100を超える指標が使えるツールがあるため、トレンドラインの把握や一目均衡表の使用なども思いのまま扱えます。スマホにも完全対応していて、外出先での値動きの確認が可能です。

Bitbankの手数料は原則無料です。口座開設費用や維持費用はかかりません。仮想通貨の売買手数料は無料です。ただし出金手数料はかかります。日本円での出金の場合は3万円未満が540円で、3万円以上が756円かかってしまいます。頻繁に出金する方には少し残念な点と言えます。

またbitbankでは「仮想通貨を貸して増やす」という、投資信託的なサービスも提供しています。使っていない仮想通貨をbitbankに貸し出して、1年後に最大年率5%の仮想通貨を受け取ることができるサービスです。貸し出し可能な通貨は現在ビットコインだけですが、順次リップルやライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュなどの貸し出しにも対応予定です。保持しているだけという仮想通貨ユーザーの方には良い選択肢とも言えるでしょう。

公式サイトをチェック