Zaifの概要

Zaifは金融庁によって認可された仮想通貨交換業者です。日本には現在仮想通貨交換業者は16社のみありますが、そのうちの一角を成すのがZaifです。交換業者になるためには厳密な会計やセキュリティレベルが求められるため、Zaifは信頼できる業者の一つと呼べるでしょう。

Zaifでは2018年8月現在で16種類の仮想通貨を取り扱っています(BTC, ETH, BCH, XEM, MONA、トークン:ZAIF, XCP, BCY, SJCX, FSCC, PEPECASH, CICC, NCXC, JPYZ、COMSA:CMS/ETH, CMS/XEM)。

Zaifの特徴

Zaifの大きな特徴の一つは取引手数料が0円という非常に太っ腹なシステムです。アカウント作成や維持が無料である事はもちろん、ビットコインの取引手数料も0円です。そのためビットコイン初心者も気軽に仮想通貨取引を楽しむことができます。

Zaifコイン積立というユニークなサービスも展開しています。これは毎月固定の額を使って継続的に仮想通貨を児童購入していく投資方法です。ハイリスク・ハイリターンの投機を望まず、ローリスク・ローリターンの堅実な仮想通貨取引がしたい方にはぴったりなスタイルです。仮想通貨に将来性を感じながらも派手な投資はしたくないという方は多くいらっしゃるでしょう。Zaifコイン積立はコツコツ型の貯金の様な投資として注目されています。

なおZaifでは現在口座開設キャンペーンを行なっています。新規に口座を開設する事で100Zaifトークンがプレゼントされます。また紹介プログラムで報酬が受けられるサービスもあります。取引手数料だけでなく、キャンペーンも魅力の業者、それがZaifです。

Zaifでのレバレッジ取引

Zaifではレバレッジ取引も可能です。最大で7.77倍というレバレッジがかけられるため、大きな利益を狙いたい方にも楽しんでいただけます。現物取引とは異なり、レバレッジ取引(信用取引)では必ずしも買いから始まるわけではありません。売りから始めることも可能です。これによって下げトレンドの時でも利益を狙えます。

レバレッジ取引では、証拠金が足りなくなった場合の追証がネックになることがありますが、Zaifでは追証が行なわれません。そのため口座残高以上に負担がかかることはありません。追証がないという事は精神的な負担も非常に少ないことを意味するため、この点は多いに評価できます。なおZaifのロスカット率は低めで、30%となっています。そのためロスカットを出来るだけ避けたい方にも好都合です。

公式サイトをチェック